読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~おとしものがたり~

私の「おとしもの箱…」

「 星の見えない時代に 」

月灯よりも
電灯の下にいることに
慣れてしまった 僕たちは 

満点の星空なんて 見ることは無くて
強く輝く 大きな星しか 見ることがない

毎日のように 流れてくる
世間という眩しさに 照らされて 
「自分」という名の 小さな星を
見失ていることにも 気づかずに

月灯よりも
電灯の下にいることに
僕たちは 慣れてしまったんだ

たとえ あなたという星が
どんなに小さく 儚くても
この空には 無数の星があることを
どうか 忘れないで いてほしい

 

 

 

 

広告を非表示にする