~おとしものがたり~

私の「おとしもの箱…」

目次 (詩・散文)

《 生ある魂にレクイエムを 》

こころの声はからだに届かず からだの声はこころに届かず 魂は世界から 剥がれ落ちて 行き場を失い彷徨う霊魂たち レクイエム奏でる 琵琶法師 永遠に奏でられる弦の音 切らさぬように・・・ どうか彼らに四無量心(しむりょうしん)を・・・ 四無量心(しむりょ…

《 宿し 》

たった一切れのパンに宿る優しさのように 刃にも また 人の優しさは宿るのだろう たった1つの刃に宿る憎しみのように 一切れのパンにも人の憎しみが宿るのだろう 人の想いがそこかしこに宿るこの世界で 交わるもの 触れるもの 紡ぐもの綴るもの すべてに 優…

《 灯火のようなぬくもり 》

伸ばした手に触れる この風はキミが 遠いどこかで触れた風だと 握りしめて 胸にぬくもりを包む それでも幸せだから 穏やかでいられるから 少しの強がりと儚く白い息で悴む指をあたためる 理想ばかりが星のように降り注ぐこの街が恋う心を加速させる 凍てつく…

《 心月(こころづき) 》

月は満ちそして欠ける まん丸 満月 尖(とんが)り 三日月 日々 形を変え 廻ってゆき 時に雲に隠れてしまう 夜空に輝く美しい あの月は 人の心を教えてくれる

《 織り成す物語 》

断片的な 言葉の螺旋 紡ぐものがたり あなたの色に染めてみせてよ 筆をあなたのなかに 想像(せかい)のなかに 時を飛んで 行間を跳ね 色が舞って ふわり翼 瞬いて ひらり髪が揺れる あなたの自由を わたしの自由に 青と緑のこの「星」で

「 星屑の記憶 」

またひとつボクの夜空に星が輝く 星屑の記憶は遠く彼方から時を超え 懐かしさという光となってボクの心を照らしだす 思い出の欠片は星となり 今日もボクの夜空に消えることなく いつか灯火(いのち)が消えるその時に 満天の星空が瞼の裏に広がりますように・・・

《 揺れながら 》

どれだけの人の優しさを この地球(ほし)の優しさを 私は感じ取り生きてゆけるだろう 残酷でもあり儚くもあり 時に優しく美しくもあるこの世界にありながら どれだけの美しき世界を私は描き続けられるだろう 心はいつも心もとなく 揺れながら揺れながら

《 継繋 (つなつな)ぐ 》

繋いでゆく記憶昨日から今日へ 今日から明日へ 繋いでゆく記憶あなたから私へ 私からあなたへ 繋いでゆく記憶 命から命へ 手から手へ 心から心へ 想いだけは時を超え繋がってゆくそう 信じゆく たとえ うたかたの如きであろうとも

《 師全(しぜん) 》

感情が散らかり過ぎる僕は 太陽にあたたかさを 教えられ 月に穏やかさを 教えられ 水にやわらかさを 教えられ 火と土に強さと優しさを 教えられ 風に自由を教えられました

《なんとなく》

なんとなく 好きで なんとなく 惹かれる なんとな〜く なんとなく♪゛

《 灯台 》

さよならと言った言葉の宛先はいつかのわたしで もう2度と会わないだろう なんていう思いは 断崖にそびえ立つ灯台のようで 今もわたしに息づくことを 忘れてしまう 海上に浮かぶ 黒船ばかりを照らし出し 波止場へと導いてゆく

「君想う流星のナミダ」

秋過ぎて 少し明るい満月の冬 君は吐息のように 悴む手を そっとあたため白く儚く 夜空に溶けていった 満月と いつもより儚く光る星を見上げた 僕の頬に 一筋の煌めく流れ星

《 むすんで ひらいて 》

むすんで ひらいて手を合わせ目を閉じて むすんで ひらいて絡まりあってほどけて むすんで ひらいて握りしめて抱きしめて むすんで ひらいて1つになってとけあって むすんで ひらいてありがとうとさよならを むすんで ひらいて繰り返して生きてゆく

「淡い間(あわい)の美辞麗句」

夜と朝のあわい朝焼け 昼と夜のあわい夕焼け 善と悪のあわい人間 空と大地のあわい空気 地表と地上のあわいに揺らぐ影楼に 地球と宇宙のあわいに揺らぐオーロラ 儚く美しくうつろう 淡い あわい心に沁みる

《 草木花人年月 》

枯れゆく花に己を見 咲きゆく花に自身を重ね 種子となりて希望を残し 芽吹くそれらに希望を委ね 大切に 大切に 見守ってゆく

「 わたしの願いのこと 」

生きてくことをやめないで 死にすら意味はあるけれど 死さえも無駄にはしないけど やっぱり生きてて欲しいから どんなに わがまま 気ままでもどんなに 酷い あなたでもやっぱり生きてて欲しいから あなたは わたしのたいせつな いのち

「 愛のこと 」

愛が あなたを支えます愛は あなたを支えます いっぱいもらったその愛をいっぱい返せる 人であれ いっぱいもらったその愛をいっぱい与える 人であれ 愛は受け取り 与えるもの欲するよりも 感じるもの感じてそして 与えるもの ほんとの愛は そういうこころ 「…

「 人生の答えのこと 」

君が大きくなった時進む道に迷ったとききっと何か答えを求めるだろう そんな時のために 言葉を贈ります 「答え」というのは 人生の最後に出るもので人生とは 壮大な検証実験の連続だと私は思います人の目や言葉なんて気にせずにいろいろやってみなさい 私が…

「 生き方のこと 」

辛く キツい時理不尽や 裏切りにあった時人を恨んだり 命を絶ちたいと生きていれば この先 そんな出来事にあうかもしれません 川原の石は 川の流れにもまれながらぶつかりあい 傷ついて 傷ついて角がとれて まぁるくなる だからどうかあなたのこころも丸くて…

《 歩くということ 》

速さとか 距離とか 見た目とか歩いていると いつも周りが気になるけれど どうか あなたはあなたでいてください 歩いてしか いけない場所歩いてしか 見逃してしまうもの たくさんあるから 比べないで あなたはあなたの速度で歩けばいいのさ 誰も彼もが 人生の…

《 愚痴のこと 》

愚痴ひとつとってもね「それはその人のこころの叫びなんだ」と思えばね 少しはこころ穏やかに向き合えるかもしれないよ 愚痴を言う人はねたくさん抱え込んだものをねなんとかおろしたいだけなのよ 愚痴を聴くことはねやぱっり大変なことだけれどね相手を見な…

《 伝えること 》

言葉に 視線に 表情花に 香りに 詩食材に 皿に 料理 メールに 手紙に 電話文字に 絵に 本動画に アートに 演技 音楽に 歌に ダンスマジックに 筆に 鉛筆指輪に 写真に 服 無数にある中からあなたは誰に何で何を伝えますか?何でどうしたらより伝わりますか?…

《 私練(しれん)》

命を奪う 正義に命を守る 正義 勝てば官軍 負ければ賊軍大義名分を与えられた その手で あなたはいったい 何を成すのか私はいつも 試されている 身体中を蝕む黒いものから作られしその黒い銃弾と 心に刺さったそのナイフを与えられながら あなたはいったい …

《 若気 》

若さとは 時に憧れで 若さとは 時に狂気で 若さとは 時に希望で 若さとは 時に思い込みで 若さとは 時に死を引き寄せる 若さとは 時に現在で 若さとは 時に過去で 若さとは 時に美しく 若さとは 時に酷く愚かだ 若さとは 掴めない・・・

《 悲し 》

悲しい唄は 心に染みる悲しさは どこか静かで 憎しみや怒りが混じってしまうと静寂は切り裂かれる 純真で 純粋な悲しさ それだけなら・・・ 深く 深く 浸っているといつの間にか絶望に飲み込まれてしまう

《 絶希の望み 》

希望の光が眩しいなら 絶望を語ればいい 絶望の闇から 抜け出したければ希望の光を探せばいい 希望のゲーテに絶望のカフカ どちらも生き どちらの生も この世界の真理の欠片なのだから

「 僕等の世界 」

僕等が歩んできた世界少しこころが置き去りな世界 僕等が歩んできた世界少しこころを無視し過ぎた世界 僕等が歩んできた世界大事なものを犠牲にしてきた世界 犠牲なしでは生きられないならあなたは何を犠牲にしますか 命ですか お金ですか 時間ですか親です…

「 強く握られた拳 」

世界を呪って死んでいく人がいる 世界を憎んで死んでいく人がいる 世界に笑顔を見せて死んでいく人がいる 世界に光を残して死んでいく人がいる 強く握った拳のやり場を探しているその拳の行く末がきっとそこにつながっている その人の悲しみや苦しみの闘いを…

「 和國神話 」

神すらも 万能ではなく どんなものにも 宿りて八百万の神々が お生まれなさった 火の神は 水の神にはなれず水の神は 火の神になれぬ 土に雷 雨に風無数におられる神々も またこれに同じ 調和の和 和を以て 貴しとなすもえいずる 太陽の國 日の丸 「にほん」

「 儚消 」

降り注ぐ星々の光 過去 生きた証 それぞれの思いが形となって 未来へとつながれてゆく 忘れないで その一歩 忘れないで その言葉 忘れないで その想い 時間は多くを飲み込んで 世界は刻一刻とうつろう中で 想いもまた儚く うつろう

《 ベルフラワー 》

知らないことがたくさんある 声の聞こえないあなたとの会話は たくさんのことを僕に教えてくれる あたたかなこの時間もあなたがもたらしてくれた 優美な青のベルフラワー

「ひとりの家路」

街は暗くなり気だるさにさいなまれるなかで 大切なものは目に見えない 目に見えるもので確かなものはあまりない 月明かりはそれを知っている風景に溶け込むように優しく私を照らし目を閉じて夜道を歩く 耳を澄まして靴音に紛れる鼓動が生きている証 ゆらゆら…

《 別夜悲 》

窓の外には見慣れない景色 漂う空気の香りは どこかよそよそしく 月明かりの夜道にくり出す 丸い丸い 純白の月だけが いつも わたしを知っている わたしは今 この場所で 何かを待っている 会いたい気持ちと 会えない気持ち 夜空だけがわかってくれる 急に降…

「 野良猫と夜の街 」

深夜の空気は どこか新鮮で 澄んでいる 人の息遣いの無い街を 一人歩く 誰もいない 孤独な世界が 僕を癒やす 一匹の野良猫が 唯一の友人 何を交わすわけでもない 静かな時間 少しの雨も 許してしまえる 小さなぬくもり

「 Deep Night 」

ブランデーの香り 甘い照明 控えめなJAZZ 静かな時間 月灯りに 涼しい夜風 グラスの音だけが 心地よく耳に響く 2人の時間 2人の世界 心の赴くまま 酔いしれる 世界の酔いが醒めるまで。。。

《 輪廻 》

祈りの声 祈りの唄が聞こえる誰の声 誰の唄心に耳を当てる 古(いにしえ)からのこの声脈々とつながれてきたこの声願いは 祈りになりいつか私も祈りとなる つないでゆく時と共にゆく一人にさせない ここにいるいつもいるあなたと共にいる

《 廻る 》

太陽がこの胸にないなら きっと今 月があなたの胸にある 周期 それは廻る 幸も不幸も 太陽と月と同じように あなたの中に廻るだけ だから嬉しい時は喜んで 悲しい時はゆっくりと待つ 光はいつも廻ってくる だから私は自由に生きる

「人歩(とほ)天災」

歩けども 歩けども 空からは弾丸のような雨が降り 避けれども 避けれども全ては避けきれず うつむいて うつむいて地面に倒れこもうとも この鼓動は止まらず 歩き続けろという なにも通さぬ傘を探そうか傷を癒す薬を探そうか 弾丸のような雨すらも味方にして…

「怪人二十面相」

おかしな事を言ったり 真面目になったりクールにみせたり ふざけてみせたり大人を演じたり 子供を演じたり女になったり 男になったり馴れ馴れしくなったりよそよそしくなったり キミにも潜む 怪人二十面相素敵な 素敵な 怪人二十面相

《 君に恋 》

君の声 逐一素敵すぎてボクは恋に落ちる 君の笑顔 逐一素敵すぎてボクは思わず赤くなる 君の仕草 逐一素敵すぎてボクはいつでも見惚れてしまう 今日もボクは君のとりこ

《 お結び 》

母が握った おむすびが今のわたしの命へと 命を結んできてくれた 掌(たなごごろ)手のなかにある そのこころわたしの手にも あるこころ あなたが 結んでくれたようわたしも 結んでいきますと掌合わせて 心で誓う

「The Earth」

海の見える丘裸足で土を踏む風が草と戯れる中大の字になって 地球に体をあずける 目を閉じて耳を澄まして 息をする さらさらと流れる風に 打ち寄せる波大地の香りに 海のにおい 太陽は今日もあたたかく 大地とわたしの いのちを育んで私の頬を 緩める 閉じた…

「死と詩」

だれの「し」も 美しくあるその存在の 叫びは いつも悲しさを含むけど悲しみが 優しさの原泉なんだと想えるようになりました だれの「し」も 美しくあるその存在の 叫びは いつも優しさを含むから私は 孤独じゃないんだと思えるようになりました だれの「し…

「 猫 」

わがまま 気ままで 甘えん坊 それがワタシ 自由で 自然で柔らかで 突然 ボクのまえに現れる 愛しいあなたはまるで「猫」 あっちに行っては こっちへとこっちに行っては あっちへと ともすりゃ ボクの膝の上まぁるくなって 眠りにつく 愛しいあなたはやっぱり…

「月下の恋」

夜に生きる あなたは太陽を知らないけれどどうか微笑んでいてほしい 白く透き通った肌に長い髪が 風に揺れてわたしの時が ゆっくりと止まる 月灯の下(もと)にいるあなたほど美しいものをわたしは知らない

「 星の見えない時代に 」

月灯よりも電灯の下にいることに慣れてしまった 僕たちは 満点の星空なんて 見ることは無くて強く輝く 大きな星しか 見ることがない 毎日のように 流れてくる世間という眩しさに 照らされて 「自分」という名の 小さな星を見失ていることにも 気づかずに 月…

《 波紋 》

水面(みなも)に 落とした ひとしずくの水が波紋となって広がるように私の一歩が 広がっていく 澄んだ水面(みなも)に 私はひとり空から 差しのべられるあなたの手を待っている 青空の果てまで連れて行ってくれのを待っている 波紋のように 広がってあなたに届…

「わたしのなかの点と線。」

この世には 無数の点があってどの点も 線でも結ぶことができる点と点を 線で結び カタチを作る古(いにしえ)の人たちが星と星を 線で結んで星座にしたように私はワタシという名の星座になって夜空の星の 1つとして優しい月と あたたかな太陽とともにこの地球…

「 星降る夜に 」

詩に合った曲を探してみました。可能ならば、音楽を流しながら読んでいただければ幸いです。 星になった少年 Shining Boy & Little Randy / 坂本龍一 星降る夜に わたしはあなたと出逢った月は欠け 海は凪いで空を見上げるあなたの頬には 涙がつたっていてわ…

「いただきます」と「ごちそうさまでした」ということ

私たちは、生きるために基本的に毎日食事をとります。それは、当たり前ですが言い換えると、「私たちは皆例外なく、命を奪って(もらって)生きている」といこと、「食べてきたものによって自分のからだは作られている」ということです。 「いただきます」「…