~おとしものがたり~

私の「おとしもの箱…」

挨拶の詩 ココについての詩

拙い過去の詩、加工の詩。それは私。
アタシの死。わたしの詩。
偽りの詩。虚像の詩。
おしまいの詩。昔々の詩。
詩のつもりの詩。生後2ヶ月の詩。
一度だけ届いた原点の詩。
「ひかりを掴む」あの人への感謝の詩。

(2016/11月までの詩)  「 綴 」

広告を非表示にする

《 生ある魂にレクイエムを 》

こころの声は
からだに届かず

 

からだの声は
こころに届かず

 

魂は世界から
剥がれ落ちて

 

行き場を失い
彷徨う霊魂たち

 

レクイエム奏でる
琵琶法師

 

 

永遠に奏でられる弦の音
切らさぬように・・・

 

どうか彼らに
四無量心(しむりょうしん)を・・・

 

 

四無量心(しむりょうしん)・・・

仏が4種の方面に心を限りなく配ること。 (1) あらゆる人に深い友愛の心を限りなく配ること (慈無量心) ,(2) あらゆる人と苦しみをともにする同感の心を限りなく起すこと (悲無量心) ,(3) あらゆる人の喜びをみてみずからも喜ぶ心を限りなく起すこと (喜無量心) ,(4) いずれにもかたよらない平静な心を限りなく起すこと (捨無量心) 。 *1

 

広告を非表示にする

《 宿し 》

 たった一切れのパンに宿る
優しさのように

 

刃にも また
人の優しさは宿るのだろう

 

たった1つの刃に宿る
憎しみのように

 

一切れのパンにも
人の憎しみが宿るのだろう

 

人の想いが
そこかしこに宿る
この世界で

 

交わるもの
触れるもの

  

紡ぐもの
綴るもの すべてに

 

優しさだけを
あたたかい優しさだけを

 

宿し
生きてゆけたら・・・

 

 

 

広告を非表示にする

《 灯火のようなぬくもり 》

伸ばした手に触れる この風は
キミが 遠いどこかで触れた風だと
握りしめて 胸にぬくもりを包む

 

それでも幸せだから
穏やかでいられるから

 

少しの強がりと
儚く白い息で
悴む指をあたためる

 

理想ばかりが星のように降り注ぐ
この街が
恋う心を加速させる

 

凍てつく夜が
澄んだ月が
冬という季節が・・・

 

 

 

 

広告を非表示にする

《 心月(こころづき) 》

 月は満ち
そして欠ける

 

まん丸 満月
尖(とんが)り 三日月

 

日々 形を変え
廻ってゆき
時に雲に隠れてしまう

 

夜空に輝く美しい
あの月は
人の心を教えてくれる

 

 

 

広告を非表示にする

《 織り成す物語 》

断片的な 言葉の螺旋
紡ぐものがたり

あなたの色に染めてみせてよ

筆をあなたのなかに
想像(せかい)のなかに

時を飛んで 行間を跳ね
色が舞って
ふわり翼 瞬いて
ひらり髪が揺れる

あなたの自由を わたしの自由に

青と緑のこの「星」で



広告を非表示にする

「 星屑の記憶 」

 

またひとつボクの夜空に星が輝く

 

星屑の記憶は遠く彼方から時を超え

 

懐かしさという光となってボクの心を照らしだす

 

思い出の欠片は星となり

 

今日もボクの夜空に消えることなく

 

いつか灯火(いのち)が消えるその時に

 

満天の星空が瞼の裏に広がりますように・・・



f:id:hiro38511:20161108131323j:plain




広告を非表示にする